コンセントの極性の合わせ方


AV機器の電源ケーブルには通常、グランド側の区別はありません。
しかし、機器の内部では一方の側にグランドが接続されています。
壁のコンセントにつながる家庭内の配線は、片方がグランドに設置されています。
このため、機器の極性を正しく合わせてやると、ノイズが減少したり音質、定位が向上します。(特にクラシック系に効果あり)

極性の合わせ方
ACの電圧モードにセットしたテスターを用意します。
レンジはmV程度に合わせます。テスターはディジタルが使いやすいです。(安物で十分)
テスターの棒の一方を自分の手で握り、もう一方を機器のシャーシの金属部分(下のパネルなど)にあてます。
コンセントの差込をかえて、電源を入れ、電圧を測定する作業を2回繰り返し電圧を測定します。
電圧が低い場合の接続が正しい接続です。

あとがき
だまされたと思って、やってみてください。かなりの効果が期待できます。

おまけ
通常のコンセントにはニッケルメッキ(銀色)が施されています。
このコンセントをちょんぎって、ホームセンターで売っているメッキ無しの黄銅色のコンセントにかえると、音が(少し)良くなります。
(感電、漏電、接続不良、等には十分気をつけて作業してください)

この記事はかねごんさんに提供していただきました。

Audio FAN