コンポ選びのコツ

オーディオ機器において、私が最も重視するのはスピーカーです。
何故かというと、スピーカーで5割方音が決まるからです。
どんなひどいアンプや、CDプレーヤーを使ってもスピーカーさえ良ければそこそこの音はなるものですが、その逆の場合ちょっと無理があります。
ちょっと極端な例でしたが、スピーカーはそれほどの影響力を持っているのです。

さて、実際に試聴するときはどのようにするべきなのでしょうか。
ここでは、量販店でコンポを選ぶ場合のコツを紹介します。

量販店では、試聴の際に気を付けなくてはいけない点が2つあります。
1つ目は音量を小さくすることです。店員さんは音量を大きくしようとします。しかし、音量が大きいと低音の音量に耳がだまされて、良い音であると錯覚しやすくなります。音量を小さめに絞って、全体の音のバランスや細かい音を聴くようにしましょう。
2つ目は試聴に使う音がはクラシックを避けることです。「私はクラシック愛好者だ」とおっしゃる方は別ですが、クラシックは聞き慣れていないと、良い音であると錯覚しやすくなります。できれば、普段よく聴いているジャンルのCDで聴いてください。

コンポ選びのコツを紹介してきましたが、最も重要なことは気に入ったものを選ぶことです。
音を基準に選ばずに、姿形で選ぶのも結構!
音楽を聴くときにコイツなら楽しく聴けるぞ!という機器を選んで下さい。
趣味とはそういうものですよね。

Audio FAN