私のオーディオ歴見せます!!

私がオーディオ機器を集めだしたのは、1993年です。 オーディオ暦ばかりたまって、技術力は進歩していません(笑)。

アンプ
最初はONKYOのA-913でした。定価は\48,000。
この機体を買った理由はオーディオの事など全くわからなかったので、
父に高音域がきれいなメーカーを尋ねた結果です。

次は同じくONKYOのA-917Rです。定価は\90,000。
現在後継機として、A-927が登場しています。
これを買った理由はA-913の高音の表現力を評価していたので、その上をという事です。

スピーカー
VICTORのSX-500 Spiritです。定価は\99,800(Pair)ですが、もらい物です。
特に色がお気に入りですが、もちろん音もいいですよ。

CDプレーヤー
PanasonicのSL-PS700です。定価は・・・忘れました・・・。4万強だったと思います。
これを買った理由は・・・、よくわからなかったので適当に買ってしまいました。

次はPioneerのPD-T07HS Limitedです。定価は\200,000ですが、\120,000で購入できました。
定価はもちろん、購入価格も一番高い・・・。なんというか・・・楽器の「重み」が伝わってくるようになりました。
しかし、なんといってもターンテーブル! 音の善し悪しに関係あるかどうかは別としても、こういう面白い試みは大好きです。昔から気になっていたので大変満足しています。

MDプレーヤー
SANSUIのMD-Z7です。定価は\99,800。 '94年3月に買ったので選択肢がほとんど無く、消去法でこれになりました。
音もあまりいいと言えませんが、買ったときの興奮は今でも忘れられません。

テレビ
最初がPanasonicのTH-14B3で、次がNECのC-14BS3 Palabolaです。
父が単身赴任の時に買った物を譲り受けました。
C-14BS3はBSが受信できるのですが、興味がないので全く機能が生きませんでした。
ただし、背面端子が14型の常識を超えた量なので重宝しました。

現在はSANYOのC-24W2です。
LAOX市原店の改装売り尽くしで展示品を\39,800で買いました。
画質も明るめでくっきりしているのでいい感じです。
ようやくS端子が使えるようになりました。

LDプレーヤー
PioneerのCLD-05です。定価は\79,800。
衝動買いです。もうちょっと金を溜めてから・・・と思うこともしばしば。

DVDプレーヤー
PanasonicのDVD-A450です。定価は\100,000。秋葉原のDynamic Audioで型落ち価格\52,290で購入。
最初は録再可能なDVDが出るまでのつなぎとして、Pioneerが出しているDVD/LD両対応の機種を買おうとしたんですが、あんまり安くなかったので途中で目標を切り替えました。

ビデオデッキ
PanasonicのNV-FS65です。
質屋でS-VHSが二万弱で売っていたと聞いて即刻買いました。状態も良かったです。

2台目に同じくPanasonicのNV-HB300を使っています。
気が向いたときのダビング用に買いました。でも、テレビの予約は主にこっちでやっています。

DVDプレーヤー、ラック、CDプレーヤーと立て続けに買ってしまいました。動き出すと止まらないもんだな・・・。

Audio FAN