LDプレーヤーとCDプレーヤー


この文章は1996年に書いたものです。現在ではDVDが発売されており、LDが消えるのも時間の問題ですが、参考程度に読んでみてください。

最近、LDプレーヤーの低価格化でCDプレーヤーを買わない人が増えています。
果たしてLDプレーヤーはCDプレーヤーの代わりになるのでしょうか。
私の経験上8万円のLDプレーヤーの音質は4万円のCDプレーヤーに劣ります。
つまり、LDプレーヤーをCDプレーヤーの値段としてみるときは、半分として見るとちょうど良いと思います。

LDプレーヤーが高くなる原因は、まずLDとCDのフォーマットの違いがあります。
まあLDは映像がありますから、当然といえば当然です。
あとディスクが大きいのでCDと同じ部品は使えないと思います。
その辺に原因があるのでしょう。

一般的には通常のビデオケーブルより、S端子ケーブルの方が良いとされていますが、松永さんからこの様なアドバイスを頂きました。

LDの場合はY/Cの混合記録なので、LD-playerのY/C分離機能が優れている場合はS端子接続、TVのY/C分離機能が優れている場合はVIDEO端子接続としたほうが画質が良くなります。2つの接続方法を試してみて、良いほうを選択しましょう。

Y/Cとは、
Y=白黒信号(輝度信号)
C=色信号
とのことです。

Audio FAN