オーディオラックについて


皆さんはどのようなオーディオラックをお使いですか?
オーディオラックはがっしりとした重い物を使うのが理想です。
けれどもそういう物は高くて買えないのが現実です。
では最低限何を見れば良いのでしょうか。

第一は底の板と天板です。ここは固い方が良いです。
たたいてみて反響するようだとそれは中に空洞があることを意味します。
そういうのは避けましょう。

第二に奥行きです。
レーザーディスクを買おうと思っている方、9万クラス以上のアンプを買おうと思っている方は要注意です。
ちなみに私のLDは410mm、アンプは434mmです。
ただしこの事を考えると1万円台ではおさまらなくなります。

第三に横型か縦型かです。
横型はAV機器がそろって来ると間違いなく縦型への移行を考えるようになります。
アンプ、CD、LD、MD、DVD、ビデオ。
まあLDとDVDは同一視してもいいですが、それでも5つです。
そのことは頭に入れておいてください。日本の部屋は狭いですから・・・

買った後も気を付けることはたくさんあります。

まずスピーカーをラックの上に置いてはいけません。
理由はスピーカーの発する振動が他の機械に悪影響を与えるからです。
スピーカー自身にも良くありません。
スピーカーはスピーカー台の上に設置してください。

それからほこりに気を付けてください。
放熱のために穴を開けている機器には聴かないときは布をかぶせるなどの処置をすると、いいのではないでしょうか。

最後に、ラックを置く場所は固い床がベストです。これも振動対策が理由です。

Audio FAN