rec.audio.* FAQ

17.0 マスコミ

17.1
どの雑誌がお薦めですか?
17.2
どこの評論が良いですか?
17.3
「コンシューマー・レポート」は信用できますか?

17.1 どの雑誌がお薦めですか?

絶対的に客観的な雑誌はありませんので、自分の気に入ったものを読めばよいのです。ここに代表的な雑誌の一覧を記しておきます。
	Audio Amateur (20ドル/季刊) (自作)
		Box 576
		Peterborough NH  03458 USA
		603-924-9464

	Audio Critic (24ドル/季刊) (ハイエンド)
		PO Box 978
		Quakertown PA  18951 USA
		215-538-9555 or 215-536-8884

	Audio Magazine (24ドル/月刊)  (ミッド〜ハイエンド)
		Subscription Office: PO Box 53548
		Boulder CO  80321-2548 USA
		800-274-8808, 303-447-9330
		Editorial Office: 1633 Broadway
		New York, NY  10019
		212-767-6000

	Audio Observatory (15ドル/月刊)
		22029 Parthenia Street
		West Hills, California  91304

	Audiophile Voice (18ドル/季刊)
		Subscriptions: Michael Tantillo
			132 Beach Avenue
			Staten Island 10306 USA
			Phone 718-351-9365

		Editorial Office: 2001 Palmer Ave Suite 201
			Larchmont, NY  10538-2420 USA
			Phone 914-833-1417
			FAX 914-834-4070

	Bound For Sound (18ドル/月間) (ハイエンド)
		220 North Main St
		Kewanee IL  61443 USA
		309-852-3022

	Car Audio and Electronics (19ドル/月間)
		Avcom Publishing Ltd
		21700 Oxnard Street
		Suite 1600
		Woodland Hills CA  91367 USA
		818-593-3900

	CD Review (20ドル/月間)(音楽レビュー; テスト, CDのみ)
		PO Box 588
		Mount Morris IL  61054 USA

	Glass Audio (20ドル/季刊) (真空管、自作)
		Box 576
		Peterborough NH  03458 USA
		603-924-9464

	Hi-Fi Choice (ミッドエンド、比較テスト、バイヤーズガイド )
		Dennis Publishing Ltd.
		14 Rathbone Place
		London, W1P 1DE, UK
		+44 71 631 1433

	Hi-Fi News and Record Review (オーディオ一般、新譜レビュー、性能テスト)
		Subscriptions Department
			Link House Magazines Ltd
			1st Floor
			Stephenson House, Brunel Centre
			Bletchley, Milton Keynes MK2 2EW, UK

	Hi-Fi World  (入門誌、ローエンド、批評、動作原理解説)
		Audio Publishing Ltd
		64 Castellain Rd
		Maida Vale
		London  W9 1EX, UK
		+44 71 266 0461

	In Terms Of Music  (音楽レビュー)
		PO Box 268590 
		Chicago, IL 60626  USA
		312-262-5918

	International Audio Review (38ドル/月刊)
		2449 Dwight Way; Box 4271
		Berkeley CA  94704 USA

	Positive Feedback (25ドル/隔月刊) (ハイエンド)
		Oregon Triode Society 
		4106 N.E. Glisan
		Portland OR 97232 USA
		503-235-9068

	Sound Practices (20ドル) (自作)
		Box 180562
		Austin, TX   78718
		(512) 339-6229    Voice/Fax
		72411.533@compuserve.com

	Speaker Builder (25ドル/隔月刊) (スピーカー自作)
		Box 576
		Peterborough NH  03458 USA
		603-924-9464

	Stereophile (35ドル/月刊) (ハイエンド)
		208 Delgado
		Santa Fe NM  87501 USA
		800-238-2626 or 505-982-2366

	Stereo Review (7ドル/月刊、ローエンド)
		Subscription Office: PO Box 52033
		Boulder CO  80323-2033 USA
		Editorial Office: 1633 Broadw
		New York, NY  10019
		212-767-6000

	The Absolute Sound (46ドル/月刊) (ハイエンド)
		Subscription Center: Box 6547 
		Syracuse NY  13217 USA
		800-825-0061
		Editorial Office: 2 Glen Avenue
		Sea Cliff, NY  11579
		516-676-2830

	The $ensible Sound (20ドル/季刊) (ミッド〜ハイエンド)
		403 Darwin Drive
		Snyder NY  14226 USA
		716-681-3513 or 716-839-2199

	Ultra High Fidelity (UHF) (ハイエンド、通販のみ)
		Box 65085, Place Longueil
		Montreal PQ  J4K 5J4  Canada
		514-651-5720

	What Hi-Fi (ミッド/ハイエンド、比較試聴、バイヤーズガイド)
		 Haymarket Trade & Leisure Publications Ltd
		 38-42 Hampton Road
		 Teddington, Middlesex, TW11 0JE, UK
		 +44 81 943 5000
		 US Enquiries should go to:
			Eric Walter Associates
			Box 188
			Berkeley Heights NJ  07922 USA
			201-665-7811
注:以下は訳者の追記した日本版情報です。誤記及び追加情報等、お気付きの方がございましたら、「オーディオファンについて」の掲示板に書き込みをお願いします。
	ステレオ(900円/月刊)(オーディオ全般、ミッド〜ハイエンド、CDレビュー)
		音楽之友社
		東京都新宿区神楽坂6-30
		03-3235-2111(代表)

	ステレオサウンド(2000円/季刊)(ハイエンド、機器レビュー)
		株式会社 ステレオサウンド
		東京都港区元麻布3-8-4
		03-3404-1661

	オーディオアクセサリー(1300円/季刊)(ハイエンド、機器レビュー、アクセサリー)
		株式会社 音元出版
		東京都千代田区神田佐久間町1-9第7東ビル
		03-3255-4466(代表)

	サウンド・パル(870円/隔月刊)(オーディオ/ビジュアル、ロー〜ミッドエンド)
		小学館
		東京都千代田区一ツ橋2-3-1
		03-3230-5913

	サウンド・ステージ(1000円/月刊)(ミッド〜ハイエンド)
		サウンドステージ社

	MJ無線と実験(1100円/月刊)(ハイエンド、自作)
		株式会社 誠文堂新光社
		東京都中野区弥生町1-13-7
		03-3373-7171(営業部)

	ラジオ技術(1440円/月刊)(ハイエンド、自作)
		(株)アイエー出版
		東京都千代田区神田淡路町2-1倉持ビル5F
		03-3251-1321
		http://www.iijnet.or.jp/RADIO/

	A&V village(580円/隔月刊)(オーディオ、ビジュアル、一部関連マルチメディア情報)
		(有)コスモヴィレッジ
		東京都豊島区東池袋1-47-2サニーハイム503
		03-3988-4369
		http://www.iijnet.or.jp/COSMO/

	CDマガジン(2040円/3カ月に一回)(ミッドエンド、テストCD付きオーディオ誌)
		株式会社技術新聞社
		東京都千代田区飯田橋2-9-6
		03-3265-8676

	サウンドトップス(1050円/季刊)(ミッドエンド) 
		株式会社技術新聞社
		東京都千代田区飯田橋2-9-6
		03-3265-8676

	レコード芸術(1250円/月刊)(音楽レビュー:クラシック、ミッド〜ハイエンド)
		音楽之友社
		東京都新宿区神楽坂6-30
		03-3235-2111(代表)

	スイングジャーナル(1020円/月刊)(音楽レビュー:ジャズ、ミッド〜ハイエンド)
		スイングジャーナル社
		東京都港区芝公園3-6-24
		03-3432-7751

	AUDIO PLAN(1530円/年刊)(ミッド〜ハイエンド) 
		スイングジャーナル社
		東京都港区芝公園3-6-24
		03-3432-7751

	CDジャーナル(590円/月刊)(CDレビュー、ロー〜ミッドエンド)
		(株)音楽出版社
		東京都千代田区神田神保町2ー36稲岡ビル 

	FM fan(400円/隔週刊)(FM番組表、音楽レビュー、ミッドエンド)
		(株)共同通信社
		東京都港区赤坂1-9-20
		03-5572-6019(代表)
		http://www.kyodo.co.jp/netroom/products/shu_fm.htm

	AUDIO BASIC(1325円/年二回)(ミッドエンド〜ハイエンド)
		(株)共同通信社
		東京都港区赤坂1-9-20
		03-5572-6019(代表)
		http://www.kyodo.co.jp/netroom/products/shu_audio.htm

	オーディオ・アミーゴ(1500円/不定期)(オーディオ評論)
		編集人 夫馬洋吉 発行人 夫馬 玲
		芦屋市月若町2-13-301
		0797(32)5641
		http://www.kcn.or.jp/~m-yoshii/

17.2 どこの評論が良いですか?

オーディオ評論は多彩で、読んでいて面白いものもあります、オーディオ評論は一つのジャーナリズムの分野として確立しており、彼らは互いに面白い読み物を作ることで競い合っています。評論には各々の特徴がありますが、ここではそれらを考慮に入れずに一般論を述べることにします。

同じメーカーの広告をばかりを載せている雑誌の製品テストには用心してください。偏見の可能性は非常に高いです。残念ながら雑誌の記事の 99 %は偏向してるのが現実です。

ステレオレビュー誌は、広告主の製品を全て持ち上げて評論する傾向が強く、あまり評判が良くありません。Stereophile と The Absolute Sound のようなハイレベルの雑誌でさえ何らかの影響を受けています。

雑誌社が公正に製品レビューを行なった場合にもまだ問題は残ります。これはメーカーが製品テスト用に特別に制作/調整した製品を持ち込むことがあるからです。オーディオ評論家はテスト結果について熱弁を振るうでしょうが、このテストに使われた製品はあなたが手に入れることの出来る量産品とは違っている場合があります。
メーカーは量産性やコスト削減の為に設計変更を行ないます。このような設計変更は多くの場合音質を悪化させます。場合によっては量産品では安い部品に置き換えられていることもあります。また、不良率を低下させるために、調整の許容誤差が低く設定されることもあります。ひどい場合には、量産性を優先するために、基本設計そのものを変更してしまう場合すらあります。こうして消費者は、製品テストに使われたセットとは全く異なる製品を手にすることになるのです。

雑誌の評論だけを基準に機器を選ぶことには大きなリスクがあります。一番確実なのは実際にいくつかの製品をディーラーから借り受けて自分の部屋で比較試聴することです。これほど確実な方法はありません。

17.3 「コンシューマー・レポート」は信用できますか?

「コンシューマー・レポート」は最も公正で客観的な調査機関です。また、残念なことにコンシューマー・レポートは世界中で最も専門的なテストを行なえる機関でしょう。コンシューマー・レポートはテスト結果を一般の消費者に販売することを商売としています。

(訳者注:コンシューマー・レポートは日本で言う「暮らしの手帳」のようなもので、全く第三者の立場に立ったテストをすることで米国では非常に有名です。テスト対象の商品は電気製品だけでなく、一般消費財のすべて(車、家具、等々)を扱っています。テスト対象の商品も一般の店頭で売られているものを無作為に購入して行なわれる等、テスト結果は信用できるものとして広く認知されています。)

コンシューマー・レポートの一つの問題点は、購読対象を一般的な消費者としていることです。一般的な消費者はオーディオマニアのように微妙な音の違いを聞き分けることが出来ませんし、一般に音の違いに無頓着です。したがってコンシューマー・レポートでは、オーディオマニアが重要視する問題を無視して報告する傾向があります。

もう一つのコンシューマー・レポートの問題点は、テスト結果が主に測定に基づいていることです。彼らは「客観的なテストを行なう為に最も重要なのは測定結果である」という、強いポリシーを持っています。このポリシーは一般的な電気製品のテストには有効ですが、オーディオ製品のテストには無理があります。

測定結果はもちろん重要ではありますが、訓練された人間の聴覚能力は測定機の能力をはるかに上回っていますし、測定結果の違いがどのように音の違いに結びつくかを判断することは殆ど不可能です。例えば、2 つのスピーカーの周波数レスポンス曲線を比較して、どちらが良いかを判断することは非常に困難です。3000 ドルのスピーカーの周波数レスポンス曲線が、600 ドルのスピーカーよりも悪いことは珍しいことではありません。

コンシューマー・レポートで はそのテスト方法を改善し続けています。今後の彼らのレビューがより良くなることに期待しましょう。

コンシューマー・レポートの作成した「周波数特性」データベースは非常に莫大なもので、その結果は大変信頼できるものです。これは他のどのデータベースよりも信頼できると言えるでしょう。

Audio FAN